【ロボとーちゃん】姿は違っても、家族を愛する気持ちは変わらない!ひとりの親父の生き様!

※本記事はアフィリエイト広告を利用しています。
こんな方はぜひ見よう!
  • 父親の本当の存在意義を知りたい。
  • 家族愛に飢えている。
  • アニメで感動したい。

2人のヒロシの見せるオヤジの姿。
その姿にきっと涙すること120%。

2人の父親が見せるその姿と愛情に、大人になった今だからこそ尊敬と涙を誘います。

大人が感動するアニメ!第1位!

新しい気付きが生まれるアニメ!第1位!

あなたはアニメから学ぶことって…何もないって思ってはいませんか?

アニメからしか学べないこと・気づけないことって、実はたくさんあるんです。

姿の違う2人のヒロシが見せる“家族愛

父親として感じる『愛』

子供として感じる『愛』

姿・形は変わっても、その“愛”は何も変わらない。

この作品を通して、あなたも大切なモノを取り戻そう!

ジュリエット

以下は、本編のネタバレを含みます!

目次

ロボとーちゃんとは…?

ロボとーちゃん

ロボとーちゃんの詳細

テーマは【家族愛】

一家の大黒柱である、親父の愛がたくさん詰まった作品です。

  • 公開日 2014年4月19日
  • 上映時間 97分
  • 制作国 日本

あらすじ〆

ロボとーちゃん

“ぎっくり腰”をやらかしたヒロシ。
家にいても居場所がなく、しんのすけと一緒に公園へ。

その公園にはヒロシと同じように、家に居場所がない父親たちが、陰気な気を流しながらたまっていた。

その公園の帰り道、ヒロシはいかにも怪しいエステへと勧誘される。そして施術中、つい深い眠りへとついてしまった…。

眠りから覚め、自宅へと戻ったヒロシはなんとロボットになっていることに気づく。

必死に自分がヒロシだと訴えるヒロシ。

しかし、みさえ達には不審がられ、受け入れてもらえず…。

そんなヒロシはロボットのまま、犬小屋を直したり、草刈りをしたり、TVのアンテナを直したり、料理をしたり…家族のために頑張り、自分を認めてもらおうと必死だった。

そんな中、しんのすけ達は遠足で『ドデカシティ』の建設現場へと社会科見学へ行くことに。

そこでひょんなことにより、ビルのクレーンに吊るされた鉄骨から落下するしんのすけ達。

そんなピンチのしんのすけ達を、跡を着けてきていたヒロシが助ける。

これを機に、みさえはロボットであるヒロシをヒロシだと認め、家族として過ごすことに。

ある日、しんのすけからプレゼントされた【ひげ】をつけたヒロシは、突然豹変し、陰気な気を流していた街の父親たちを従え、反逆しだした。

しんのすけに無理やり【ひげ】を取られたヒロシは壊れてしまい、そのまま廃棄所へと運ばれてしまう。

しんのすけは壊れたヒロシを助けようと乗り込んだ廃棄所で、人間のヒロシと出会う。

そう…ロボットのヒロシは、人間のヒロシの記憶をコピーされたロボットだったのだ。

ロボットのヒロシ…
人間のヒロシ…

本物であろうと…
偽物であろうと…

2人の“家族愛”は本物で、2人は家族を守るために組織と戦います。

そして、物語は終盤に感動が待っています。

姿は違っても、記憶はそのまま…自分のアイデンティティーに誇りを!

2人の親父の姿

ー物語のクライマックスー

ロボとーちゃんの感動シーン

2人のヒロシの涙のシーン瓦礫の中…、

壊れかけたロボットのヒロシは、人間のヒロシに腕相撲を挑みます。

  • どちらが本当のヒロシであるか…
  • どちらがしんのすけの父親であるか…
  • どちらがみさえの旦那であるか…

すべてをこの腕相撲で決着をつけます。

例え、ロボットの姿でも記憶はヒロシ…記憶媒体をコピーされただけのただのロボット。

しかし、ヒロシの記憶であるがために、自分がヒロシであるといいうアイデンティティーを持っている。

は本物と何も変わらないのに…。

だからこそ、ケジメをつけたるために人間のヒロシに腕ずもうを挑む姿が切なく何よりの感動シーンです。

『どうだ、しんのすけ。強いだろう、お前のとーちゃんは。』

『すまないな、しんのすけ。俺はお前のとーちゃんじゃなかったみいだわ!』

人間のヒロシに“わざ”と負けて、しんのすけの父親がどちらであるかを自分に言い聞かせるこのセリフが、涙腺を爆発させます。

そして、自分の父親が壊れる(死ぬ)という悲しい思いをさせないために、ロボットのヒロシは自分がとーちゃんではないとしんのすけに言い聞かせます。

最後の最後まで自分の子供を想う“父親の姿”がそこにはありました。

家族を思う気持ちは同じなのに、その気持ちを押し殺さなくてはならない父親の姿。

きっと、家族を思うからこその【ロボットヒロシ】の愛のかたちだったのではないでしょうか。

ロボとーちゃんの見どころ

ロボット

見どころはここだ!

ロボとーちゃんには見どころもたくさんあります。

見どころポイント
  • ロボとーちゃんと家族の団らん
  • ロボとーちゃんのバトルシーン
  • ロボとーちゃんの寂しげなシーン
  • しんのすけの根性

この作品は、見ている人の感情を揺さぶるシーンが特に多く、感情移入してしまう場面があちこちに散りばめられています。

心に刺さる名言たち

この作品には、ふと心に刺さる名言が随所にあります。

『ぼんやり登っちゃてると、大人になったとき大変なんだよ!』

※エスカレーターで上まで登っている最中に、『意外に楽チンなんだね、大人への階段』というしんのすけの言葉に対して、返した風間くんのセリフ。

『お前の叫び、集積回路の奥の奥まで響いたぞ!』

※敵に操られたロボットのヒロシがしんのすけの叫びに蘇ったセリフ。

『ばかやろー!押し付けることがしつけじゃねー!自分からやらなくちゃ意味がない!!』

※敵に大嫌いなピーマンを無理やり食べさせられるしんのすけの姿を見て、人間のヒロシが告げたセリフ。ヒロシの教育論が詰まった愛のある言葉。

『ありがとう、しんのすけを…みんなを助けてくれて!ロボットでもいい!あなたは立派な父親よ!』

※ドデカシティで危険を犯してまでしんのすや子供たちを助けたロボットのヒロシに対するみさえのセリフ。

まとめ

父親の愛のかたち
¥4,218 (2023/08/13 17:00時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

姿や形は変わっても、変わらないものはある

父親だからこそ、家族は誰よりも‥何よりも守りたい大切なもの。

子供のころは、ただ感動するだけの作品でしたが…大人になって見返すと、『父親』の偉大さやカッコよさに気づくことが出来ました。

『守りたいもの』を必死に守る姿は、現代社会においても一緒です。

汗水たらして必死に家族ために働く父親のその姿…大人になったからこそわかるその『偉大さ』『背中の大きさ』に感謝しかありません。

あわせて読みたい
『オトナ帝国』大人が涙する3分間。クレしん映画が大人心に気づきと感動を! こんな方はぜひ! 家族愛を学びたい! 大人でも泣けるアニメが見たい! 心が震える作品に触れたい! 平凡だけどね…じつはそれが本当の幸せなんだ! 映画クレヨンしんち...
あわせて読みたい
『ドラえもん』戦争の中で芽生えた小さな勇気が、宇宙で奇跡を咲かせる! 決してあきらめない!立ち向かう勇気! この映画のような世界が訪れるとは、きっと誰もが思ってはいなかった。 『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』 ピリカ星という...
あわせて読みたい
【ドラえもん】人とロボットの“心の交流”を描いた物語。誰かを思いやる心の大切さ。 こんな方はぜひ! 胸アツな感情になりたい。 大人でも泣けるアニメが見たい。 子供にも勧められるアニメを知りたい。 こんなにも心に響く物語があったなんて…。 映画ド...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次