タオルのふわふわ感を長持ちさせる効果的な方法!汗も雨もぬぐいたくなる心地よさ!

ふわふわタオル
こんな方はぜひ!
  • 屋外の仕事でタオルで汗や雨を拭くことが多い!
  • ちょっといいタオルで贅沢したい!
  • タオルのふわふわ感を維持したい!

日常生活で必ず使用するモノの定番といえば…

【タオル】ではないでしょうか?

  • 手や顔を洗ったとき…
  • 汗をかいたとき…
  • 雨に濡れたとき…

など、日常的にタオルを使用するケースはすごく多いです。

特に宅配業や工事現場など、屋外で働くひとは汗や雨に濡れる機会も多く、使用頻度はさらに高いのではないでしょうか!

日常的に使用する頻度が多いタオルですが、いざタオルを使用してみると…

  • 全然吸水してくれない…
  • ごわごわして不快…
  • 肌触りが良くない…

と、いったことはないですか?

これは、タオル本来の品質にもよるところもありますが…それがすべてではありません。

どんなタオルでも限りなく使い心地の良い物にすることは可能なんです。

特に、すぐにごわごわになってしまうタオルをいつまでも柔らかく、心地よく使い続けるための、いくつかのポイントを押さえておきましょう

やわらかいふわふわした心地よい

そんなタオルで日常に安心感を!

目次

日常に必要不可欠なタオル

ふわふわタオル

顔を拭いたり、手を拭いたり、汗を拭いたり、体全体を拭いたり…タオルは恋人や友達以上に…人間にとっては無くてはならないモノです。

その必要不可欠なタオルですが…こんな疑問を抱いたことはありませんか?

『お風呂上がりのキレイなからだを拭いたタオルなら2・3日使っても平気?』

『手や顔を拭いた洗面所のタオルは、毎日変えたほうが良いの?』

など、このような疑問がありますよね。

特に…

  • ひとり暮らしである
  • 家事がなかなか出来ない
  • 仕事が忙しい

上記のような方は、タオルを何日も使いまわした経験があると思います。

特にルールとしては、1日使用で洗濯・1回使用で洗濯などはありません。

しかし、基本はバスタオルなら1回使用で洗濯機へ、手拭きタオルなら1日使用で洗濯機へが理想です。

ただ、よくあるのが…

バスタオルに限っては2・3日は平気で同じものを使うよ!だって、キレイなからだを拭くわけだから、バスタオルもキレイなままだし!

実はコレ、一見キレイなバスタオルのままに見えますが…

キレイなからだを拭いたところで、バスタオルには水分はもちろん皮脂までも付いています。そのため、それらは雑菌のエサとなりカビやバイ菌の繁殖へと繋がっていきます

2・3日使いまわすということは…必然的に繁殖したバイ菌でカラダを拭くという事か…。

例えキレイなからだを拭いたバスタオルであっても、何日も使いまわすのは止めておきましょう!

タオルの劣化とその影響

傷んだタオル

タオルが劣化し、ごわごわになる主な原因はいくつかあります。

  1. 洗濯による繊維のダメージ:洗濯時に柔軟剤を過剰に使用することや、高温のお湯はを使用すること繊維を傷つけます。
  2. 使用用途によるダメージ:例えば粗い表面を拭き取るために使うことや、厳しい環境で使用することは劣化を早める原因となります。
  3. 摩耗と繊維の損傷:タオルの繊維は、タオルをこするなどの強い摩擦や、一時の使用によって徐々に摩耗して繊細になり、断裂しやすくなる場合があります。 特にエッジや縁などが劣化しやすい部分があります。
  4. 水の質:タオルを洗う際に使用する水の質は影響を与えます。硬水や汚染物質を含む水は、タオルの繊維に残留し、劣化を加速させます
  5. 直射日光による繊維の硬化高温の乾燥や直射日光によって、タオルの繊維が硬化し、劣化を早める原因になります。
  6. 化学物質の使用による劣化:漂白剤や漂白作用のある洗剤は、タオルの繊維を傷めます。

これらの原因に対処するためには、適切なお手入れや保管方法を実践することが大切です。

必要にに応じて適切な修理や交換を行うことが重要です。

タオルの長持ちケア方法

ふわふわタオル

タオルのふわふわ感を維持するためには、いくつかの方法があります。

1.正しい使用回数で交換する

タオルは使用を繰り返すことで劣化しやすくなります。定期的な交換が重要です。

2.正しい洗濯方法を実践する

タオルを洗濯する際は、正しい洗濯機の設定を選び、洗濯袋を使うことで摩擦を軽減します。また、強い洗剤や柔軟剤の過剰使用は避け、タオル専用の洗剤を利用することで繊維の劣化を防ぎます。柔軟剤は繊維をコーティングしてしまい、ふわふわ感を損なう可能性があります。代わりに、洗濯機に酢を少量加えることで柔軟を保ちつつ、ふわふわ感をキープ出来ます。

3.適切な洗濯サイクルと温度

タオルは高温の洗濯や乾燥に弱いため、洗濯ラベルに従って適切な温度とサイクルで行ってください。通常は温水よりも冷水で洗うことがオススメです。

4.適量の洗剤

過剰な洗剤は繊維に残りやすく、ふわふわ感を損なう原因になります。適切な量を使用しましょう。

5.低温で乾燥させる

タオルに強力な乾燥機の熱風にさらすと、繊維が傷つきます。できるだけ低温の乾燥モードを選び、タオルがまだ湿っている状態で取り出すことで、ふわふわ感を保つことができます。

6.換気と陰干し

タオルを使用後は、風通しの良い場所で陰干しすることで、カビや臭いを防ぎます。直射日光に直接当てないようにしましょう。

7.専用の収納場所を用意する

タオルは風通しの良い場所で保管することが大切です。湿気やカビがタオルの劣化を加速させる可能性があるため、乾燥した環境で保管しましょう。

タオルのふわふわ感の維持の秘訣

タオルの柔らかさを維持する簡単な秘訣を、知らない人も多いと思います。

その秘訣は…

干すときにタオルの端を持って、タオルをバサバサとはたくのが有効です。

たった、これだけで解消されます。

どうしてタオルをはたくことによって柔らかくなるの?

洗濯後のタオルは目が絡んだ状態になっています。なので、はたくことによって目の絡まりがなくなりやわらかくなります。

柔らかいタオルが肌に触れることで
『安心感』『幸福感』を与えてくれます。

タオルは捨てるタイミングや交換時期が大切

タオルの捨て時

ふわふわの感触を維持するためには、適切なタイミングでタオルを捨てるか交換することが重要です。

使い古したタオルを長く使い続けるよりも、定期的に新しいタオルを心がけることで、常に心地よいタオルを楽しむことができます。

しかし、食品のようにタオルには、賞味期限や使用期限なるものがありません。

なので…

『タオルの捨てるタイミングがわからない』

『いつまでタオルは使えるの?』

などといった、疑問があるのがタオルです。

特に明確な捨て時はありませんが…

『柔らかさ』が捨てる目安です。

確かに柔らかさがなくなったら、タオルの寿命って感じはする。

干すときにタオルをはたいても、タオルが柔らかくならない場合はそれがタオルを捨てるタイミングです。

あなたにあったオススメのタオルはこちら!

あなたはタオルは何で選びますか?

吸水性?肌触り?価格?デザイン?

いくつかのオススメタオルをご紹介します。

公式サイトで購入できる

スクロールできます
育てるタオル
育てるタオル
【軽さ重視】
今治タオル
TRUE TOWEL
【肌触り重視】
エアーかおる
エアーかおる
【吸水性重視】
特徴①洗うたびに、ふっくらする使い込んでも、品質が変わらない驚きの抜群の吸水力
特徴②驚くべき、軽さ高級ホテルで愛用されている速乾効果で機能性抜群
オススメ度
デザインシンプルシンプルシンプルかつカラーも豊富
ひとことギフトに最適なタオルです。本物のホテルタオルを味わえます。吸水力に特化したタオルです。
価格2,000~20,000円程度2,000~20,000円程度2,000~30,000程度
購入する購入する購入する
各製品の比較

ネットで買えるこちらも人気が高しっ!

吸水性が抜群

拭くから当てる時代へ。1秒吸収のタオル!
¥2,602 (2023/08/21 11:13時点 | Amazon調べ)

デザイン重視

カワイイ・オシャレなタオルがいっぱい!


お好きなタオルを購入して、使うたびに気持ちを上げていこう!

まとめ

ふわふわタオル

日常的に手や顔を拭くだけでなく、屋外で働くひとの汗や雨をぬぐってくれるタオル。

直接的にお肌に触れるモノだからこそ、その肌触りはすごく気になりますよね。

  • 柔らかさ
  • 心地よさ
  • 安心感

これらを与えてくれるタオルは、『気持ち良さ』をプレゼントしてくれます。

また、タオルの『ふわふわ感』の維持には…

  • タオルを捨てる際や交換時期が大切
  • 洗濯や保管のしかたが重要

など、当たり前に使っているタオルへの知識がじつは必要なんです。

ふわふわ感のあるタオルは心地よく、バスタイムやシャワー後にも絶対に欠かせないイテムなのでぜひ、お気に入りのタオルを大切に扱い、そのふわふわ感を長く楽しんでください。

ふわふわタオル

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次